« 色柄物には危険! 塩素系漂白剤 | トップページ | 塩素漂白剤による脱色 »

2016年6月 1日 (水)

革バッグのカビ取り

こんにちは!

クリーニングマインのかどたです。


梅雨の季節、カビにも要注意!の

ジメジメと蒸し暑く感じる6月に入りました・・・


蒸気を使うため、特に蒸し暑いクリーニング店内ですが、

今日は強い風が窓から吹き込んでくれたので、少~しラクでした。(^-^;


6月1日は 衣替えです。

夏物へのチェンジは、進んでいらっしゃいますか?
________________________________

革バッグのカビ取りご依頼


「しまっておいたら、カビが・・・

   キレイになりますか? 。゜゜(´□`。)°゜。」


P1020287

革バッグのカビ取りご依頼


P1020286 P1020298

ポツポツと生えたカビも キレイになりました。


気温が25℃前後、

そして、ジメジメと湿度が80%を超えてくると


途端にカビが大発生してきます。

シミや汚れと同じく カビにとっては、革そのものが栄養分なんです。


以上の理由で、当店でお預りした革製品は、

クリーニングの際に防カビ加工も施してあります。


もちろん、保管状況によって違いますが・・・

何もしていない状況に比べれば、明らかにカビも生えにくくなります。


虫食い、カビにはご用心!

(革製品の上手な収納の仕方は、こちら)


笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 色柄物には危険! 塩素系漂白剤 | トップページ | 塩素漂白剤による脱色 »

バッグ・財布のクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色柄物には危険! 塩素系漂白剤 | トップページ | 塩素漂白剤による脱色 »