« 静岡で創業50年。クリーニングのマイン | トップページ | 帽子クリーニング ヨシノリコタケCAP »

2015年2月13日 (金)

革バッグ 染み抜き オーストリッチ

tこんにちは!

クリーニングのマイン かどたです。


またまた真冬に逆戻りで、寒暖の差が激しすぎますね。

こちら静波でも、強く冷たい風に乗って風花も舞ってきました。


同時に・・・目がかゆくて、ショボショボ。 (。>0<。)

すれ違う対向車の運転席にも、マスク着用の方が目立ちます。


本格的な花粉シーズンに突入したみたいですね。 

ご家庭での「花粉がつかない洗濯方法」は、こちら
_________________________________________________

オーストリッチ 革バッグについたボールペンの染み抜き


「気になるのは、持ち手の汚れとボールペンのインクです。

キレイになりますか・・・?」



P1010307 P1010308

ボールペンの染み抜きと持ち手の汚れ除去ご依頼


まずは、持ち手の汚れを

染み抜きで出来るだけ除去してから・・・



風合いの変化を抑えて使用感を残すため

部分的に染み抜きと色修正を施しました。


P1010348

染み抜き後に色修正しています。



P1010309 P1010356

オーストリッチ 革バッグ ボールペンの染み抜き


P1010359

持ち手もスッキリと明るくなりました。



「全体を染め変えてほしい!」 というご相談もお受けしますが

どうしても色艶や風合いが変わってしまうだけでなく、費用も掛かります。


部分色修正は、気になるシミや汚れ部分だけを

染み抜きしたあと、周りの色合いに合わせて修正する技術です。


といっても・・・

デリケートな皮革製品についたシミや汚れ、カビですから

一般の衣類と比べて落とすのは容易ではありません。

(色修正については、コチラ をご覧下さいネ!)


笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 静岡で創業50年。クリーニングのマイン | トップページ | 帽子クリーニング ヨシノリコタケCAP »

バッグ・財布のクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡で創業50年。クリーニングのマイン | トップページ | 帽子クリーニング ヨシノリコタケCAP »