« 帽子の染み抜き&整形ご依頼 | トップページ | 赤ワインの染み抜き »

2015年1月24日 (土)

ハンドクリームがついたバッグ

こんにちは!

クリーニングのマイン かどたです。


我が家の庭に植えてある「さざんか」の花は萎れてしまいましたが

今度は、「蝋梅 (ろうばい)」の木が小さな黄色の花を咲かせました。


毎年、生えたばかりのちっちゃな

緑色をしたメジロもやってきて賑やかになる時期です。


フカフカの羽毛布団から、なかなか抜け出せない冷たい朝が

まだまだ続きますが、少しずつ少しずつ暖かな春へと向かっているんですよね。
____________________________________________

冷たい冬は、肌荒れ防止のクリームが大活躍しています。




「バッグに入れてあったハンドクリームの口が緩んで

 底についてしまいました。全体をスッキリ洗ってもらえますか?」



P1010160 P1010155

 
バッグの底についたハンドクリームの染み抜きご依頼


お預かりしたバッグは、全て1点ずつの手作業で

汚れやシミを取り除いていきます。


P1010156 P1010223

ベッタリとついたクリームも、スッキリ取れました。



油分を含むシミって、洗濯機で洗っても

残る場合が多いですよね。



プロのクリーニング店では、家庭では落としにくい この油シミも

スッキリと落とすプロ用の染み抜き剤と染み抜き機があります。


005 012_2

ドライクリーニング機と乾燥機。洗濯機には、オゾン水を使っています。



クリーニング店のドライクリーニングと

ご家庭にある洗濯機のドライコースは同じものではないんです・・・




水で洗う家庭洗濯機のドライコースと違い、

ドライクリーニングは、溶剤 (油) を使って洗っているんです。


だから、家庭ではできないドライクリーニングで

油のシミもスッキリと落ちるんですね!


染みがついたらお早目のお手入れを。

(家庭でできる染み抜き方法は、こちら)


笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 帽子の染み抜き&整形ご依頼 | トップページ | 赤ワインの染み抜き »

バッグ・財布のクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帽子の染み抜き&整形ご依頼 | トップページ | 赤ワインの染み抜き »