« 年末年始営業のお知らせです! | トップページ | スタジアムジャンパーのシミ修正 »

2014年12月21日 (日)

革バッグの汚れ除去と部分色修正

こんにちは!

クリーニングのマイン かどたです。



「このバッグって、使いやすいのよね。

 少しでもキレイになれば、うれしいんだけど・・・」
 と



ドライブスルーの窓口に、衣料品と一緒に

お気に入りのバッグを お持ち頂くお客さまが増えました。


P1010047

いつもありがとうございます♪



デリケートな革のバッグは、汚れたからといっても

洗濯機でグルグルと丸洗いできる衣料品のようにはいきません。



型くずれや色落ちを起こしやすいからです。

だから・・・

1点ずつ状態を診ながらの手作業で汚れを落としていきます。
__________________________________________

革バッグの汚れ除去&色修正のご依頼



宅急便で県外から、革のバッグが届きました。

ご依頼内容を、以下に一部抜粋させて頂きます。



「外部には、原因不明の青い汚れが底を中心にいくつか付いています。

レザークリーナーで拭いてみましたが、全くダメでした。


内部にも赤のボールペンが付いてしまい、自分でクリーニングしてみましたが

(中性洗剤 + エタノール) 逆に汚くなってしまいました。


完全でなくても使える状態にして頂けますと幸いです。

本当に愛用していますので、宜しくお願い致します。」


Photo_2 P1010023_2


まずは、バッグの内側についた赤ボールペンの除去です。


ちょこんとついたインクでも・・・

取ろうとすると、色素が一気に広がり 汚くなってしまうんですね。


根気の要る作業になりますが、1箇所ずつ取り除きます。



P1000839 P1010027_2

 次は 表面についた青い汚れの除去です。


一般のクリーニング店としては珍しく・・・

当店では、女性スタッフさんたちが部分色修正をしています。


毎日のお化粧にカラフルな洋服、そして靴、バッグ、

さらにネイルアートなどファッションを楽しむ女性は

一般的な男性よりも 色彩感覚に優れているのは当然ですよね。



毎月1回、大阪から講師を招いての社内スタッフ研修会では

染み抜きと色修正、そして皮革製品の取り扱いを実践で学ぶなど

日々、技術習得に取り組んでいます。

P1000840 P1010028_2

 


擦れて付いたような青いシミですが、よく見ると

革特有の皺(シワ)部分が傷になっている箇所もありました。



P1000838 P1000971


汚れを目立たなくするためには、染み抜きでできるだけ

薄くしてから、周りの色に合わせて 部分色修正をしていくのですが・・・



頑固なシミを消すためには、どうしても塗布する顔料が厚くなり

たとえぴったりの色を塗っても、周りと多少の違和感を感じてしまいます。



Photo_3 Photo_4

特に擦れやすい四隅ですので、しっかりとコーティングしておきました。


これでまた気持ちよく使えそうですね!

郁恵さん、どうもありがとうございました。 (◎´∀`)ノ


笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 年末年始営業のお知らせです! | トップページ | スタジアムジャンパーのシミ修正 »

バッグ・財布のクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始営業のお知らせです! | トップページ | スタジアムジャンパーのシミ修正 »