« 赤ワインがドバッと掛かっちゃったら・・・ | トップページ | アンケートご協力ありがとうございます! »

2011年3月 9日 (水)

花粉がつきやすい素材って・・・

こんにちは、かどたです。


昨日からひどくなった感のある花粉症。

あまり飲みたくないのが薬ですよね。


どうしても、眠気が襲ってきます。

でも今日は我慢できず、1粒飲みました。


同時に、この時期の必需品。

外出時の強い味方は、マスクです。



車に乗って、目を凝らし、フロントガラスをそぉっ~と見てみると・・・

そこには、花粉らしきものがいっぱい付いてる。


暖かい春はすぐそこ。

でも花粉の量は、これ以上増えてもらいたくないなぁ。。゜゜(´□`。)°゜。
______________________________________________________________________

外出時には、花粉が付きにくい素材を着た方がいいですよ!


どうしても付いてしまう花粉。

外から戻ったら、さっさっ~とはたき落としておきたいところですね。


ナイロンやポリエステルは、比較的花粉がつきにくく、

また、はたき落としやすい素材です。


反対にウールのコートなどは、花粉が繊維の間に入り込みやすい素材。

ドライクリーニングで洗うことが、かなり有効のようです。


001 007

  こちらは、ナイロンジャンパー。付いたのは、花粉ではなくペンキ。


花粉にせよ、ペンキにせよ、

付いたらすぐに、プロにお願いすることをおすすめします。 (◎´∀`)ノ



あっ、花粉がついたら水で洗ったら ×ですよ!

(花粉の染み抜き 過去の事例は、こちら)



笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます。

|

« 赤ワインがドバッと掛かっちゃったら・・・ | トップページ | アンケートご協力ありがとうございます! »

ペンキのしみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/51077014

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉がつきやすい素材って・・・:

« 赤ワインがドバッと掛かっちゃったら・・・ | トップページ | アンケートご協力ありがとうございます! »