« 「全国ドライ新聞社」さんの取材を受けました。 | トップページ | ホワイトデーのプレゼント »

2010年3月13日 (土)

ウールのズボンに、血のしみ

こんにちは、かどたです。


暖かくなりましたネ。

と言っても、ツイッターで仲間のつぶやきを見ていると・・・


「今、雪が降り出しました~」 とか

「明日は、また雪かなぁ」 とか。



あっ! 朝には、富士市にお住まいの方が

雪がたっぷりの雄大な富士山の写真をアップされてたなぁ。



まだまだ遠いようですが・・・、

着実に、春は近づいてきましたね。

_____________________________________________________________________

ケガには、ご用心。。。


「これっ、取ってくれるぅ~!」


あわてて、お持ち頂いたズボンを見ると、

点々と・・・

009 010

   血がついちゃったそうです。広い範囲に、点々と・・・キレイに取りました。



血液のしみは、ついたばかりであれば、

水だけで軽く流せます。


ウールのズボンは、家庭用洗濯機でガシャガシャとは洗えません。

縮みを気にしなくてはいけないからです。

温度を掛けてはいけませんよ。タンパク質なので、取れにくくなります。



ついた量や範囲が大きい場合には、自分でやるより

プロにおまかせしちゃった方が早いかもしれませんネ。



ただ・・・時間が経つと



血液は、固まって、落ちにくいシミに変化してしまいます。

シミは、ついたらすぐにケアすることが大事です。



お気づきのしみはございますか?

より努力して、処理に努めます。




笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 「全国ドライ新聞社」さんの取材を受けました。 | トップページ | ホワイトデーのプレゼント »

血液のしみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47801702

この記事へのトラックバック一覧です: ウールのズボンに、血のしみ:

« 「全国ドライ新聞社」さんの取材を受けました。 | トップページ | ホワイトデーのプレゼント »