« ニットの上手な洗い方、仕上げ方とは・・・ | トップページ | 難題のある人生は『有り難い人生』 »

2010年2月15日 (月)

プロでも取るのは難しい・・・

こんにちは、かどたです。


スッキリしないですね、日本代表。soccer

日韓戦って、いつも力が入りますネ。


ずっとTVの前にいなかったので、

ツイッターで、時々 試合の詳細を確認していました。

(サムライブルーは、こちら。)



世界で戦うって すごい! 改めて、そう思いました。



オリンピックでは、いつもメダルが注目されます。

モーグルの選手だって・・・

あのコブをピョンピョンとターンして、宙返りですからね。


この世界の舞台を目指してやってきた選手たちは、

やっぱり凄いと思いますね。
___________________________________________________________

キレイにすることを、いつも目指しています。


と言っても、ついた素材としみの範囲、程度によって

かなり時間と労力、集中力を要する染み抜きもあります。


今日は、そんな染み抜きのご依頼が多かったです・・・coldsweats01

011 012

     袖にべったり、ペンキのしみ。



ついてすぐにお持ち頂いたことと、素材の表面についていただけで、

油性に少しずつ溶けたことで、キレイに染み抜きすることが出来ました。


022 021

        キレイになると、やっぱりうれしい♪


ペンキは、時間が経つと まず取れないと思った方がいいです。

もちろん、ついた量にもよりますが、大量についたものは難しいです。


残念ながら・・・

ご家庭で、ペンキの染み抜きは ムリだと思います。


ペンキを使う時には、

汚れても平気な服を着るのが、一番です!


笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« ニットの上手な洗い方、仕上げ方とは・・・ | トップページ | 難題のある人生は『有り難い人生』 »

ペンキのしみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47574867

この記事へのトラックバック一覧です: プロでも取るのは難しい・・・:

« ニットの上手な洗い方、仕上げ方とは・・・ | トップページ | 難題のある人生は『有り難い人生』 »