« 営業のお知らせ | トップページ | 今年も全力でケアします! »

2010年1月 3日 (日)

2010年お正月

こんにちは、かどたです。

2010年が始まりましたネ。

今年の干支は、庚寅(かのえとら) 。


調べてみると・・・

」(かのえ)は継承する、償う、更新する、の意がある。

前年の己(つちのと)で規律を正したものを断続することなく
継続して、いろいろの罪や穢れを祓い清めて償うとともに、
思い切って更新、進化させていくことを意味する。

  「」(とら)は家庭や組織の中で人が手を合わせて約束する象形。

   志を
同じくするものがつつしみあい、互いに協力、
   助け合うことを意味する。

__________________________________________________


昨晩放送の「たけしの“教科書に載らない”日本人の謎 2010」に驚愕。


メソポタミア、エジプト、インダス、黄河の世界4大文明については、

世界史の教科書で習いましたが・・・



番組の中で、崇徳天皇の死後100年毎に続いた呪いのことや、

明治天皇がその強烈な力を日本国の守りに使うようになったこと。


700年経った今でも、現代の日本国にもつながっていることに驚き、

日本の歴史、神道、神社、天皇についても興味がわいてきました。



出雲大社や伊勢神宮、明治神宮、そして熊野詣で。

やりたいことリストが、また増えました。

_____________________________________________________

大掃除に門松、注連縄飾りに鏡餅、そしてお年玉まで・・・


実は、この 「たけしの“教科書に載らない”日本人の謎」は、

昨年のお正月も放送されていたことを発見。

その中の一部を紹介すると・・・



本来は、歳神様(地方により呼び名は違う)を祀るために一家揃って

家の中で過ごすのが お正月


家の中をきれいにしていないと歳神様は怒って帰ってしまう。

だから 大掃除 が大切だとも・・・。


また、歳神様を迎え入れるために目印が必要。これが 門松

歳神様は松の葉や竹のように尖っている部分が好きということ。


なお、注連縄飾り は、歳神様がいるという目印。

鏡餅 にも歳神様が宿るそうです。


そして、歳神様が宿った鏡餅をお雑煮として分けていただくのが
「御魂(みたま)分け」。

これが転じて「歳魂(としだま)」、今の お年玉 に通じているとも言われています。



日本人は簡略化や大衆化によって大らかに正月を過ごし、

一番大切なのは何よりも「気持ち」としてきた。 
ということです。

(2009年 日テレ「たけしの“教科書に載らない”日本人の謎」 について

詳しくわかりやすい内容は、こちら)



出会いや出来事を必然と受け止め、

周りへの感謝を忘れずに、穏やかに過ごせればいいなぁと思います。

今年も宜しくお願いします。



笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 営業のお知らせ | トップページ | 今年も全力でケアします! »

マイン」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

私も妻の実家で偶然観ていましたが、全てにそれぞれ意味があるのは(ありすぎるのは!)驚きました。
これからは地図を持って出かけなければ・・・train

投稿: まさたみ | 2010年1月 3日 (日) 22時25分

まさたみさんへ

明けましておめでとうございます!

まさたみさんも「たけしの・・・」ご覧になったんですね。happy01

放送終了後から数時間、私はパソコンの前に座って
歴史の勉強でした・・・笑

今年もよろしくお願いしま~す♪


投稿: かどたです。 | 2010年1月 4日 (月) 09時31分

■日本の歴史は「怨霊」の歴史だった-自然や自らよりはるかに大きなものへの畏れをなくしたかのように見える日本人よどこへ行く!?

こんにちは。1月2日に放映された「ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎2010 」私も、見ました。私は、この番組に触発されて、ブログに日本の「怨霊」の歴史について掲載してみました。現代日本人、とかく、自分よりはるかに大きく自らの力ではどうしようもないものや、価値観や情念などが厳然として存在していることを忘れがちです。しかし、「怨霊の歴史」は、こうしたことを現代に私たちに今も語りかけています。私のブログでは日本の「怨霊の歴史」の概要をにたどることとと、その現代的な意味など掲載してみました。詳細は是非私のブログをご覧になったください。

投稿: yutakarlson | 2010年1月 4日 (月) 13時15分

yutakarlsonさんへ

ブログ拝見させて頂きました!
「ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎2010 」で放送された内容も
細かく記述されているので、番組をご覧になった方は、また思い出されたのでは?

霊を信じるか?というと賛否両論ありますが、代々繋がっている
ご先祖様の霊には、誰もが守られているような気がします。

そういう意味でも、日本の歴史をしっかり学ぶ必要がありますね。

日本では、どこにでもいるものとされている神さまに対してはもちろん、
周りに生かされていることにやっぱり感謝しなくっちゃ行けませんね。
ありがとうございます♪

投稿: かどたです。 | 2010年1月 5日 (火) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47192406

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年お正月:

« 営業のお知らせ | トップページ | 今年も全力でケアします! »