« メリークリスマス! | トップページ | 振袖・襦袢のしわ取り »

2009年12月25日 (金)

歴史

こんにちは、かどたです。


宅配で時々お伺いするお宅のおばあちゃん。

いつもとっても元気なんです。


8月の地震で壊れた屋根瓦の修理をしていたのは

知っていましたが、今日お伺いしたら、すごくキレイになってる。


「移築っていうんだそうよ。」

一度解体してから、また復元したそうです。



天井を見上げると、梁がむき出しになっているんですが、

これがまた風情があるというんでしょうね、すごくお洒落。


Photo

 こんな感じの梁でした。



しかもこのお宅の梁、移築は2度目ということらしく、

なんと250~300年も前の物らしい。



部屋と部屋の間、鴨居の上にある欄間もまた洒落た彫刻で、

部屋の四隅には、小さな鶴まで彫られている。


「すごい歴史がある家ですね。」 という私の言葉に、


「屋根瓦を変えなくっちゃと思っていた所に、あの夏の地震でしょ。

ちょうど良かったよ。」 
というおばあちゃん。


また100年後に移築する時、

この辺りは、どんな風景になっているんでしょう・・・。



物は大切に使わなくっちゃ。

昔から聞き慣れていたはずの言葉なのに、今日は頭に響きました。



歴史の重さと未来への想いを

ふと、感じた年末のできごとでした。



笑顔で楽しくすごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« メリークリスマス! | トップページ | 振袖・襦袢のしわ取り »

マイン」カテゴリの記事

コメント

かどたさん、こんばんわhappy01

「古民家」ってやつですねshine


僕の実家も5年ほど前に改築し、同じような感じになっています。

前は土間があり、冬は隙間風が入ってきてものすごく寒く、いかにも「田舎の家」って感じでしたが、今はそれなりに暖かいです。


やっぱり僕はああいう感じの家が落ち着きますgood

投稿: serena | 2009年12月26日 (土) 00時12分

serenaさんへ

お疲れ様です!
serenaさんの実家も同じような感じなんだ。

今は、床暖房をつけると、すごく温かいそうですね。

お正月は、落ち着く実家にお帰りになるんですか?

投稿: かどたです。 | 2009年12月26日 (土) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47114086

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史:

« メリークリスマス! | トップページ | 振袖・襦袢のしわ取り »