« 袖口の汚れ | トップページ | きもの »

2009年12月13日 (日)

縮んだセーターの直し方

こんにちは、かどたです。


富士山の冠雪が、五合目付近までたっぷり。

冬らしい静岡の風景になりました。


ニットも大活躍のようですが、今年はかなりご相談が多いので、

今日は、 「縮んだセーターの伸ばし方」 をご説明します。

_____________________________________________________________

注意して洗ったんだけど・・・というお問い合わせが増えました。


ニットの編み方や素材によって、完全に元通りに戻るもの

ばかりではありませんが、多少の縮みには有効です。


洗濯王子で大活躍の中村君 もご紹介していた秘密兵器が、

ご存知、トリートメント剤。(ジメチコンという成分が入っているもの)



①ぬるま湯(30℃位)に、へアトリートメント剤を少しずつ溶かし、

手でやさしく押し洗いします。



②よく繊維にしみこんだら、軽く手で水気を絞りましょう。

あまり、ギュッと強く絞らないのがコツ。



③裾の方からゆっくりと伸ばしてみる。

ポイントは、形を整えながらやさしくやさしくですよ。



あとは、平干しすれば多少の縮みはOKです。

ただ、ひどく縮んでしまったものは、ちょっと荒治療ですが・・・


001 
002_2

   ①段ボールで、伸ばしたい寸法の型紙を作ります。



縮んだ状態じゃないですよ。

あくまで、出来あがり寸法に合わせます。



②先程説明したトリートメント剤につけて伸ばす。


003_2 006_3

 ③ 段ボールの型紙を入れて形を整え、自然乾燥する。


強制的に伸ばしますので、素材に注意して下さい。

特に薄い素材は、あまり無理に引っ張り過ぎないように。


007 008

   丁寧にハンドアイロン仕上げ後、畳しわを防ぐ中紙を入れます。



ビニール袋に入れておくと、湿気がこもりますので、

はずして保管しましょう。




不織布包装の場合には、繊維が呼吸できますので

ビニール包装よりも安心です。



ニットが縮んでも、慌てずに!

お近くの安心クリーニング屋さんにご相談してみてネ。



笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 袖口の汚れ | トップページ | きもの »

伸び・縮みの修正」カテゴリの記事

コメント

こんにちは! ご無沙汰です。
先日のアドバイスありがとうございました。
昨日、やっと制服のシミ抜きを妻がやりまして
9割程、修正インクが落ちました。 happy01

冠雪の富士山、素敵でしょうねsign03
関東への出張時に、飛行機からたまに見ていますが
雄大でいいですよねぇ~!
近くで見れる環境 羨ましいです happy01

投稿: おだちん | 2009年12月13日 (日) 16時08分

おだちんさんへ

こんにちは!9割OKなんですか。
修正インクは手間が掛かりますが、奥さま、すごいですネ。

飛行機から見えるんですね~。fuji
いいなぁ。上から見るとまた違うんでしょうね。

それと・・・
おだちんさんの「イチ押しブログ」にまで加えて頂き、
どうもありがとうございます!

投稿: かどたです。 | 2009年12月13日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47009536

この記事へのトラックバック一覧です: 縮んだセーターの直し方:

« 袖口の汚れ | トップページ | きもの »