« あきらめずに続けてやってみる。 | トップページ | 縮んだセーターの直し方 »

2009年12月12日 (土)

袖口の汚れ

こんにちは、かどたです。



2009年の世相を表した漢字一文字が

今年も発表されましたネ!



「新」。

政権交代。イチロー安打記録。インフルエンザ・・・。



新しいこと、チャレンジしたこと、初めてのことも

いろいろあったのではないでしょうか?

__________________________________________________________

私が、最近買った一番新しい物


先日ブログでもご紹介した電子顕微鏡には、

お客さまもびっくり。

その場で、ズームアップしてみると・・・


001 00000010

   ダウンジャケットの袖口の汚れは、繊維の間にしみ込んでいます。



ドライクリーニング中で、襟や袖口についた汚れを落としながら

部分的な漂白処理まで行うので、頑固な汚れも 90% 以上がOK。



化学の力で、繊維を傷めることなく汚れを浮き上がらせ、

白い物がより白く洗いあがります。



白いダウンジャケットの袖口だって、ばっちりでしょ♪


00000011 00000007

  さらに拡大したのが、左の写真。こうなると、簡単には取れません。



目視の状態では、見違えるようにきれいになっていても

電子顕微鏡の世界では、まだ汚れが目立ちます。



汚れは、どんどん蓄積します。

着用したら、お早めのお手入れを!




笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« あきらめずに続けてやってみる。 | トップページ | 縮んだセーターの直し方 »

ダウンジャケットの汚れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/47003514

この記事へのトラックバック一覧です: 袖口の汚れ:

« あきらめずに続けてやってみる。 | トップページ | 縮んだセーターの直し方 »