« 立夏 & こどもの日 | トップページ | 合成皮革製品についたしみ »

2009年5月 6日 (水)

濡れたままだったズボン

こんにちは、かどたです。



あっという間に、連休が終わりですね。

前半は、思いっきり外で遊べたのに・・・





雨続きで喜んでいるのは、田んぼのカエルたちばかりでしょうか。

大きな声で、合唱が始まりだしそうです。

でも今日は、完全に雨音にかき消されてしまいましたネ。



昨日は、浜松まつりの御殿屋台の引き回し も、雨で中止。

毎年見ているのになぁ・・・、今年は残念でした。 bearing

                                                                                                         

濡れたズボンも乾いてみると、びっくりする時があります。

こちらをご覧下さい。

004_2 008

   忘れていたら・・・           ドライ洗浄後に浴中でさっぱり。



最近は、ウールのズボンでも、洗濯絵表示を見てみると・・・

「ご家庭でも洗えます!」という、うれしい文字が付いているものも多いですよね。

ただ、ご家庭で洗ったあとに、脱水の仕方や干し方を間違えると大変です。

ほとんどのしわは、脱水時につく事が多いんですよ。

(ご家庭での脱水と干し方のポイントは、こちらをご覧下さい。)



濡れたまま、洗わないで放置しておくと、

しみや汚れが浮き出てきたり、

これからの季節には、カビが生えたりしてきます。shock


受付時に、濡れちゃった場所や原因を

より具体的に お知らせ頂けると、的確なケアができます。

濡れたらすぐに、お早目のお手入れをおすすめします!



みんなが笑顔で過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 立夏 & こどもの日 | トップページ | 合成皮革製品についたしみ »

リフレアコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/44921881

この記事へのトラックバック一覧です: 濡れたままだったズボン:

« 立夏 & こどもの日 | トップページ | 合成皮革製品についたしみ »