« 袖口についた時計のしみ | トップページ | 『プロが教える わが家のシミ抜き&洗濯術』(世界文化社) »

2009年5月11日 (月)

お風呂の洗剤

こんにちは、かどたです。



昨晩遅くのNHK見ましたかぁ~?

忌野 清志郎の追悼番組が放送されてました。


RC サクセションを思いっきり聞いていた世代にとっては、

出てくる曲がみんな懐かしく、楽しくなって、一緒に唄えちゃう。



元気になるんですよね、清志郎の声を聞くと・・・

やっぱり寂しいです。weep

                                                                                                       

昔の曲が、よく流れてきますね。


プリンセス・プリンセスのM が、有線で流れています。

TVのCMでも、「あの頃」の曲が 沢山使われています。

ドラマの中では、よく掛かりますね、昔の懐かしい曲。


FMラジオの 「あ、安倍礼司」 って、ご存知ですか?

静岡市生まれの37才。




平均的な (アベレージ) 30代のサラリーマンという設定ですが、

これも懐かしい曲が、次々と紹介されてます。

(ツボ曲月刊ランキングは、こちら)




お風呂で鼻歌を唄うって、よく耳にしますが、

懐かしい「あの頃」のメロディーを思わず、口ずさんでしまいませんか?

                                                                                                      

そのお風呂で・・・

礼服の裾に付いて、白くなっちゃったそうです。

006 005

   MICHIKO LONDON                     裾部分が、真っ白く


ゆったりと、浴中につけ込んで、生地についた洗剤を

取り除きます。

007 005_2


    浴中でのつけ込み        すっきり、さっぱり。


お風呂の洗剤と聞くと、「混ぜるな危険!」が思い出されますが・・・

塩素系の漂白剤では、なかったようです。

最悪を考えましたが、色が抜けなくて、良かったですね。



それもそのはず、ポリエステル素材の色抜けの修正って、

ほとんど、キレイには、治らない場合が多いためなんです。

(色抜けについては、こちらをどうぞ!)




みんなが楽しく笑顔で過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 袖口についた時計のしみ | トップページ | 『プロが教える わが家のシミ抜き&洗濯術』(世界文化社) »

リフレアコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/44979534

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂の洗剤:

« 袖口についた時計のしみ | トップページ | 『プロが教える わが家のシミ抜き&洗濯術』(世界文化社) »