« 商品のしみ抜き | トップページ | 職業体験2日目です。 »

2009年5月24日 (日)

漂白剤で色が抜けた!

こんにちは、かどたです!



ふとカレンダーに目をやると・・・

もう6月がすぐそこ。



雨にぬれた紫陽花の葉っぱも、すくすくと大きくなり、

昨晩は、カエルの大合唱が聞こえてきました。 snailsign04


こんな田舎に住んでいると、

季節の移り変わりもよく感じられるんですよネ。

                                                                                             

冬に大活躍したアウターに、漂白剤が飛び散って・・・


「しみが付いたみたいだけど、これ取れる!?」

よく見ると、前と袖に点々と・・・

018 020

  ついたのは、前と袖口        目立たなくなりましたネ!



塩素漂白剤は、お風呂やトイレ、台所でも使われています。

容器には、「まぜるな! 危険。」の文字が書かれているもので、

酸素漂白剤と一緒に使うと、塩素ガスが発生しますので、注意して下さい。


この塩素漂白剤が、ちょっと飛び散っただけで、

スコ~ンと色が抜けます。



この場合は、しみではありませんので、少しずつ色を掛けています。

染色補正 と言われる技術なんですよ。

時間と手間を掛けて、色を合わせ染めていきます。

                                                                                           

色の変退色には、いろんな理由があります。




011 023

 漂白剤ではなく、汗による退色     色補正で、目立たなくします


こちらは、お馴染みの汗による退色です。

青が一番抜けやすい色。

色の三原色では、青→赤→黄色の順に、退色しやすいんですね。
                                                                                           


汗を含んだ衣類は、水で洗いたい・・・


綿・ポリエステル繊維であれば、ご家庭ですっきりと汗を落とせますよね。

でも、濃い色は、色落ちに注意して下さいね。



ご家庭で洗えないものやお気に入りで、汗を含んだものは、

プロのクリーニング屋さんに、お願いしましょう。


「汗とりクリーニングで!」 を必ず付け加えて下さいね。



一般的なドライクリーニングは、水ではなく、「セキユ系」という溶剤で

洗いますので、汗やジュースなどの水溶性のしみは、落ち切りません。



そこで、ドライクリーニング後に、水を使って2度目の洗いをします。

お気に入りのシルエットに注意して、色落ちや縮みに注意して洗います。

(日本全国おすすめのクリーニング屋さんは、こちらです)




笑顔で楽しく過ごせますように・・・

いつもありがとうございます♪

|

« 商品のしみ抜き | トップページ | 職業体験2日目です。 »

色修正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/45114195

この記事へのトラックバック一覧です: 漂白剤で色が抜けた!:

« 商品のしみ抜き | トップページ | 職業体験2日目です。 »