« 季節はずれの繁忙期 | トップページ | 足利のエルザさんと紅三さん »

2009年3月 3日 (火)

エクスペリエンス・マーケティング

こんにちは、マインの門田です。

                                                                                雪が降り出して、とっても冷たい東京です。

衣替えどころか、あったかなカシミヤコートとマフラーが必要です。

                                                                     今日は、シャトル会。

モノ を売るな。 体験を売れ! の

エクスペリエンス・マーケティングの藤村正宏さんのセミナー

受けました。

                                                                         時間を掛けて、

ゆっくり考えなくてはいけない宿題がいっぱいです。

                                                                            ●クリーニングの、当店の価値って、ちゃんと伝えられているかなぁ・・・。

●どういう方が、どんな関心を持ってくれているんだろうか・・・。

●当店を利用してくれる理由、選んでくれた理由って、何だろう・・・。

●お客様は、安いものしか買わないと、勝手に決めてないだろうか・・・。

●今、ご利用下さっているお客様。本当に、大事にしてるだろうか・・・。

●平等は、ダメ。公平なサービスをしてるかなぁ・・・。

                                                                  

不毛な価格競争から脱けだそう!

原油高騰、原材料費高騰、などのさまざまな要因でモノが値上がりしています。
物価上昇傾向になっている。
しかしながら、上昇したコストを価格に転嫁できず、値上げできないところがあるのも事実です。

「値上げすると、客離れがおきる」
「価格を高くすると、買ってもらえない」
「そうでなくても売れないのに、さらに値上げなんて・・・」


そういうことで、値上げできないんですよね。
値上げどころか、値下げしている会社もある。

ここでシンプルな疑問が出てきます。

本当に「安く」しなければ、売れないんでしょうか?
値上げしたら、お客さまに選んでもらえなくなるのでしょうか?
お客さまが買う理由は、「値段」なのでしょうか?

ボクはそうは思いません。
価格以外の買う理由がわからないから、値段で決めている。

適正価格でも買ってもらえる「価値」。
値段以外の「価値」なんです
価値があったら、高くても売れるんです。

価値を高めて価格競争から抜け出すために、あなたが最初にやらなければならない大切なことがあります。

それは・・・、

「安売りすることは、悪いこと」

正確に言うと、無理な安売り、計画性のない安売り、周りのことを考えない安売り、思いのない安売りは、悪いっていうことです。

そう定義してからこの本を読んで、ぜひヒントをつかんでください!

最新刊 「藤村流 高くても売れる!10のやり方」 まえがきより抜粋   

明日は、栃木県の足利市へ向かい、

衣類の染めの工程を見学してきます。

いつもありがとうございます♪

|

« 季節はずれの繁忙期 | トップページ | 足利のエルザさんと紅三さん »

マイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/44235535

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペリエンス・マーケティング:

« 季節はずれの繁忙期 | トップページ | 足利のエルザさんと紅三さん »