« これが、ドライブスルー | トップページ | スポット »

2009年2月20日 (金)

プロのこだわり つけこみ漂白

こんにちは、マインの門田です。

                                                             今日は、通常では取れないと言われている 

「古い黄ばんだしみ」 プロの取り方 をご紹介しますね。

                                                             クリーニング店で、

「全体漂白」とか「復元加工」と言われている技です。

016

                                  ん~、なかなか手強そう。

これ以上落ちませんというのは、

リスクもなく簡単ですが・・・

                                                          

                                                           なんとかキレイにしたいんです!

017_2018_3 

これが、ドライクリーニングの洗濯機 & 乾燥機。

油で洗っています。もちろん、ソープという洗剤も入れて。

                                                           台所でのしつこい油汚れも、

ただ水で洗っただけでは落ちないですよね。

019 020_2

洗っただけでは落ちない 「古くて黄ばんだしみ」。

                                                         ただキレイにするだけではなく、

お客様が着用した時の肌ざわり・着心地まで考えるのがプロ。

さぁ、こだわりのつけこみ漂白の開始です。

022 023

大切な1着をキレイにするための仕込み。

                                                         プロのこだわりの漂白ですから、みんな同じではありませんよ。

洗浄する衣類の素材や黄ばみの状態を診て、1点ずつの手洗いです。

                                                         まず水温を上げてから、よくかきまぜ

漂白・消臭効果を高める ための過酸化水素を加えます。

                                                           同時に加える秘伝の洗剤は、

アミノシリコンで繊維をコートし、縮みを防止。

さらに、トリートメント効果で風合い・着心地ともに最高になるんです。

024_3 026_3

さぁ、黄ばみをやっつけます!

漂白効果は、洗剤濃度、つけ込み温度&時間、アルカリ度で決まります。

                                                           アルカリ度を上げた漂白後は、すすぎをちゃんとしておかないと

ひどい場合には、生地がボロボロになってしまいますので、注意して下さい。

                                                             当店では、隣りのすすぎ用洗濯機の水に、

中和のためのクエン酸を加えています。

027 028

濯いだ衣類を、軽く絞ります。

シワを作らないプロの裏ワザ、絞り方は、こちら を参考に。

029

                                           それでも、残ったしつこい黄ばみ。

過酸化水素水にアンモニアを加えた

より強力な漂白剤をスプレーします。

時間をゆっくり掛けて、繰り返します。

001

                                        衣類のシルエットにもこだわり、

人体静止乾燥機にて、

シワをのばす程度に、乾かします。

                                                          あとは時間を掛けて、ゆっくりと自然に

乾かすことで、縮みの心配もなくなりました。

(急ぐ場合には、静止乾燥機で乾かします)

                                                          

                                                               ほとんどシワもない状態ですので、

あとは、軽くハンドアイロンで手直しするだけ。

                                                              002 004

                                                            005 さあ、出来あがりをよく確認して、

包装は、そのまま仕舞える不織布を、

お品物に掛けていきます。

                                       この最高の状態で、

お客様のお迎えを待ってるんですよ。

お早めに、御迎えに来て下さいね♪

                                                             

                                                           どうでしたか、プロのこだわり つけ込み漂白。

                                                            私が仲良くさせて頂いている全国のお友達も、みんなそれぞれに

キレイにしたい! というポリシーを持って、お仕事をされています。                                                               

(私が、おすすめのクリーニング屋さんは、こちらをどうぞ)

                                                          いつもありがとうございます♪

                                                              

|

« これが、ドライブスルー | トップページ | スポット »

リフレアコース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

すすぎ用洗濯機って普通の二槽式ですね。
家電量販店でも1つくらいしか置いてないですが、クリーニング屋さんで活躍しているのを知って安心しました。
でも脱水力はこちらのほうが強いと聞いたことがあるような気がしますが・・・。

投稿: まさたみ | 2009年2月20日 (金) 13時12分

まさたみさんへ

さすが、鋭い!

素材や汚れ具合が、それぞれ違う洗濯物。
手動なら、微妙な違いをスピーディーに設定できるんです。

二槽式って少ないので、探すのが大変なんですが、
使い勝手がいいので、私は大好きなんですよ。happy01

投稿: かどた | 2009年2月20日 (金) 22時50分

マインさん 気合い 入ってますね~!!

昨日と いい 今日の内容といい。

マインさんのやる気が びしびし 伝わってきます。

新しい 女性ファンまで できて・・・笑

私も負けませんよ~!!笑


投稿: 稲さん | 2009年2月21日 (土) 07時42分

お客様目線の素晴らしいお仕事!

お店の人気が分かります!

敬服いたしますhappy02

投稿: アオヤギです | 2009年2月21日 (土) 09時40分

稲さんへ

みんなのやる気モードに火をつけているのは
・・・誰?(笑)

いつもありがとうございます!

投稿: かどたです。 | 2009年2月21日 (土) 14時12分

アオヤギさんへ

ホスピタリティー溢れる練馬の超人気店ワールドさん。

同年代の社長さんが、前向きで元気だから、
とっても刺激になります!


投稿: かどたです。 | 2009年2月21日 (土) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/44113927

この記事へのトラックバック一覧です: プロのこだわり つけこみ漂白:

« これが、ドライブスルー | トップページ | スポット »