« 美々卯のうどんすき | トップページ | おばあちゃんの三回忌 »

2008年9月12日 (金)

誰も教えてくれないクリーニング代節約術 その3

こんにちは、マインの門田です。

                                                            日中は、まだまだ暑いですね。sweat01

今朝の挨拶でも、みんなの話題は、明日のこと。

「東海地震が、13日にくる!」 という予言。

                                                          非常食と飲料水の用意は、それぞれ、これからみたいです。

何もなければいいのですが・・・でも、ちょっと不安・・・ coldsweats01

===================================================

気分を変えて、今日は、家で洗ったジーンズに残ったしみのご相談です。

                                                                                                                  

油汚れは、なかなか落ちてくれませんね。

お店まで、お持ち頂きました。

Before                                 After

001 006

そして、もう一点は・・・

Before                                 After

002 007

汗や飲み物のしみと違い、今回のような油性のしみは、

洗濯機にポイッ、だけでは、なかなか落ちませんね。

                                                       ビーズやスパンコールといった装飾品が付いているものも、

あまりガシャガシャ洗うわけにもいきません。

                                                              その上、このようなジーンズ地は、

こすったりするとすぐ、白っぽくなってしまいます。

                                                          「誰も教えてくれないクリーニング代節約術 その3」 です♪

                                                           しみと素材の確認をしてみましょう。

                                                            特に、汗をいっぱい含んだお品物は、放っておくと・・・

黄ばんだり、カビが生えたりします。

                                                          そうなると・・・

                                                        ほとんどのクリーニング屋さんでは、

一般料金に漂白処理のための代金がプラスされます。

つまり、割増料金になってしまうのです。

                                                                 だから、着用したら・・・まず洗うことです。

それも、汗・しみを確実に落とすこと。

                                                          衣料品には、必ず、組成表示がついてます。

(こちらをクリックしてみて下さい。)

                                                             綿やポリエステルの白系は、まず家庭洗濯OKのはずですが、

油のしみがないかをざっ~と見てからです。

                                                          「クリーニング屋の洗濯ヂカラ」 の中では、 山形の武田さんが、

動画で、家庭での洗い方を丁寧に、解説してくれています。

                                                            問題は、家で難しいもの。

大切なものや自信のない物などは、無理せず、

お洗濯のプロに任せた方が、いいです。

                                                              それじゃあ、節約術にならないじゃない!pout

                                                              こう怒る方もいると思いますが・・・

クリーニング屋さんでは、洗って仕上げるだけでは、ありません。

                                                         ●水をはじく はっ水加工。

●虫から衣類を守る 防虫加工。

●汗を落とし、黄ばみをとる リフレア・コース。

●和服やドレスを、カビ・黄ばみから守る  レインボー・パック など・・・

                                                         キーワードは、シーズンまで、安心! 安全♪

                                                          大切な衣類を次のシーズンまで

預かってくれる 預かり保管サービス もあるんですよ。

                                                         004_2

気になる保管料は・・・、

                                        

                                      一般衣料品・・・1点 400円   

布団、じゅうたん・・・1点 1,000円です。

(※預かり保管サービスを行っていない

     クリーニング屋さんもあります)

                                                          

                                                                これならクローゼットも、お家の中も、すっきり広々。

その上、シーズンまで、安心ですね。

夏物は、10月末まで受け付けしています。

                                                     いつもありがとうございます♪

 

|

« 美々卯のうどんすき | トップページ | おばあちゃんの三回忌 »

油性のしみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/42453681

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も教えてくれないクリーニング代節約術 その3:

« 美々卯のうどんすき | トップページ | おばあちゃんの三回忌 »