« 消えるインクペン | トップページ | 練馬のワールドさん »

2008年6月18日 (水)

汗の汚れ

ここ数日は、とってもお天気が良かったので、

梅雨ってこと、すっかり忘れてましたね。

                                                             こちら静波は、すっかり雲に覆われてきました。

クリーニングのマイン 門田です。

                                                             綿・麻のジャケットが、ずいぶん増えてきました。

今日ご紹介するジャケットも、襟元の汗のしみ抜きのご依頼です。

Before                                  After

010 006

ちょっと羽織っただけでも、えり・そで口は、すぐに汚れてしまいますね。

特に、汗の汚れ。

放っておくと、黄ばんでしまうし・・・。

えりの汚れも、ただ、洗っただけではなかなか落ちてくれません。

                                                           クリーニング屋さんでは、えり・そで口の汚れを落としやすくするために、

ドライクリーニング前に、前処理や前しみ抜きという工程があります。

それでも、汗のしみは、完全には、取れてくれません。

                                                          ほとんどのドライクリーニングは、油で洗っています。

縮みや型崩れが起きない分、

汗やジュース、お酒といった、水に溶ける汚れは、なかなか落ちにくいのです。

                                                              

                                                          ドライクリーニング後に、水を使ってのしみ抜きや、水洗い、つけ込み洗いなどをして、

汗の汚れもすっきり取ります。sweat01

これが、汗抜きクリーニングなんです。

                                                          マインでは、オゾンで殺菌・消臭した水で洗っています。

                                                         汗をいっぱい含んだお洋服。

この水を使う工程を省いて、ドライクリーニングしただけだと・・・shock

                                                           女性の方なら、もうお分かりですよね。

                                                          お化粧を落とす時に、クレンジングだけでやめてしまうようなものです。

洗顔フォームで泡立たせ、水で洗い流せば、すっきり、さっぱり。wink

最後の仕上げに、化粧水。

                                                          この最後の仕上げには、クリーニング屋さんもこだわります。

                                                         当店でも、衣類をやさしく包みこんでくれる アミノシリコンが

贅沢に入った仕上げ剤を使っているんですよ。

だから、あの軽くて、なめらか、しっとりとした風合いが甦ります。

                                                           汗抜きクリーニングで、

あなたのお洋服も・・・すっきり、さっぱりしてあげて下さいねsign01

                                                    いつもありがとうございます♪

|

« 消えるインクペン | トップページ | 練馬のワールドさん »

汗抜きクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223475/41569806

この記事へのトラックバック一覧です: 汗の汚れ:

« 消えるインクペン | トップページ | 練馬のワールドさん »